FXと為替レート

FXを始めていくためには、為替レートの変動について知らなくてはなりません。
このFXという投資取引は、通貨を買うなどして保持し、為替レートの変動でその通貨に利益が出たところで売り、その差額を利益として求めていくからです。
また、為替レートの変動によっては、損失を招いてしまう事もあるために、殊更この為替相場の値動きをしっかりと予測する能力が必要になります。

こうした為替相場の動きを予測する手法には「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」の二つがあります。
ファンダメンタル分析は、通貨を発行している国や地域の経済状況や国政の動向などを参考にし、近隣諸国や各国の関係性をも鑑みながら長期的かつ包括的に市場全体の動きを分析していくものになります。
これに対し、テクニカル分析は為替相場の値動きに注目し、その数値を図表化したチャート図や計算式によって指数化したテクニカル指標など、こうした物を視覚的に表して予測を組み立てていくものになります。

ファンダメンタル分析とテクニカル分析はそれぞれに利用していくべきであり、どちらか片方だけで為替レートを予測していくことは難しいでしょう。

テクニカル分析では、様々な種類のチャートや指標があり、為替レートの通貨の進む方向や強さなどを分析する「トレンド系」や、相場の中で通貨が売られる気配にあるのか、買われる気配にあるのかを分析する「オシレーター系」など、色々なものに別れています。

こうしたチャートや指標を、単体、もしくは複数組み合わせて使用しながら分析を行っていくのですが、適材適所で使用をしないと得られる効果が薄くなるために、そのテクニカル分析は何に特化しているのかを知っておく必要があり、また、それを用いて導き出した情報をどう解釈してどう予測を立てるかは、投資家それぞれの判断にゆだねられる部分も大きいために、テクニカル分析を身に着けていくためには、知識はもちろんの事ですが実践することが必要になってきます。

初めの頃は、小さな投資金額から初めて行きながら、こうしたテクニカル分析の手法をまずは一つ、実際に使ってみて予測を立て、それを少しずつ使っていきながら、その手の内を広げていくのが良いでしょう。






sdf344

私は趣味がFXトレードで自宅で時間が空いたときは、大体FXをしています。トレード手法は、時間があるときはデイトレードで、あまり時間がないときはスキャルピングです。

デイトレードでは、通貨ペアはドル・円で1日に1~2回くらいのエントリーと決済をして、目標は30PIPSでロスカットは10PIPS位でやっています。短時間に何回も売買をするトレードがスキャルピングですが、スキャルピングでは1時間に10回くらいはトレードするので、エキサイティングで面白いですがすごく疲れます。