権利行使における客観性・中立性の判断をどのように担保するのか

fsdf88sf■市場リスク計算

金融デリバティブ商品とは、金融取引・実物商品取引・債権取引などにおいて、相場変動のリスクヘッジのために生み出された金融商品であると同時に現実的にリスクヘッジが可能な金融商品を指している。実際の運用では、全体のポートフォリオのリスク管理がEAメタトレーダーでもヘッジによって可能になる事が必要である。例として、通貨オプションで言えば、ブラックショールズを用いてデルタ管理が可能になる事などが上げられている。

今回の規制内容で明言は避けられているが、市場リスクの計算方法については問われていないものの、FX外資系企業単位ではプレミアム計算のモデル開示が求められている。この場合、ブラックショールズを使用するのであれば、デルタプラス法で市場リスク計算が可能である。それ以外の方法を選択するのであれば、内部モデル方式の申請が必要となり少々手間がかかると言えるだろう。これに対し、各社がどういったモデルを使用するのか非常に興味深い。

■権利行使と行使判断

権利行使における客観性・中立性の判断をどのように担保するのか、その点について規制では触れていない。一般的には自身がクォートするレートを行使判断とすることが多いようだが、EBSやロイター等のインターバンク市場では、3百万ドル以上の約定を確認したレートをもって行使判断とみなすルールがあるようだ。今後リテール向けのオプションがからんだ商品が開発されるならば、この権利行使の判断に関して別のアプローチを考慮しなければならない可能性を示唆している。

出典: 指標.net

■時間的価値(Time Value)と内在的価値(Intrinsic Value)

オプションの価値は、「時間的価値」と「内在的価値」のこの2つから構成されている。バニラやバイナリー等においても、ブラックショールズをモデルとしたオプションの基本である。時間的価値の概念とは、『時間の経過と共にオプションの価値は低くなる』事を指しており、内在低価値の概念とは、『売買価格を決定するのに用いた現資産価値から、ストライク(権利行使価格)までの乖離の価値』を指している。

そして価格とは、この2つの価値に対し、市場参加者の人気・期待度からなる将来の変動率を予測したインプライド・ボラティリティや金利分などの要因が加味された結果により決定する。一部例外あるが、インターバンクではプレミアムを直接取引するのではなく、インプライド・ボラティリティーを取引している。






sdf344

私は趣味がFXトレードで自宅で時間が空いたときは、大体FXをしています。トレード手法は、時間があるときはデイトレードで、あまり時間がないときはスキャルピングです。

デイトレードでは、通貨ペアはドル・円で1日に1~2回くらいのエントリーと決済をして、目標は30PIPSでロスカットは10PIPS位でやっています。短時間に何回も売買をするトレードがスキャルピングですが、スキャルピングでは1時間に10回くらいはトレードするので、エキサイティングで面白いですがすごく疲れます。