バイナリーオプションでの攻守

バイナリーオプションは、近頃、投資の初心者を人気を集めている金融商品になります。
人気の秘密は、その投資とルールのシンプルさ、少ない資金でも始められるお得感、空いた時間を使っていつでもどこでも投資ができる手軽さ、スマートフォンなどで投資が行える小回りの良さなどにあるのではないでしょうか。

さて、このバイナリーオプションですが、その最も特徴的である部分の一つが、二者択一のどちらかを選ぶだけ、というルールの分かりやすさです。
主に通貨を使っての取引きになるのですが、例えば「これから2時間後に、今1ドル100円の為替レートは、1ドル120円よりも上になっているか、下になっているか」を予測し、どちらかを選ぶだけなのです。
予測を立てたらチケットを買うという形で投資を行い、予測が当たっていれば配当金が払い出しされて利益を受け取れ、外れていればチケットが無効になり投資した代金が損失になります。

これ以上の難しいことはなく、二者択一のルールですので無作為に取引きを続けていっても、その勝率は50%になりますので、そうそう大きく負けて損失を被ってしまう事もないですので、投資取引としては比較的リスクの低いものだと言えるかもしれません。

また、チケットを買う形で投資をし、そのチケットの枚数によって配当金の払い出しがあるために、投資を行う前からその取引きでの最大利益と最大損失が分かることも、資産の管理には役に立つことと思います。

しかしながら、このバイナリーオプションは、決していいことばかりではありません。
普通に考えれば、二者択一のルールで勝率が50%であれば、負けることがない投資取引のように思えますが、ここにバイナリーオプションの取引業者からの宿題があります。

実は、バイナリーオプションではチケット代よりも配当金の方が安くなっています。
このことにより取引きの勝ちと負けが半々だったとしても、負けて払うチケット代である損失の方が、勝ちで受け取れる配当金の利益を上回ってしまうのです。
ですので、バイナリーオプションで何も考えずに直感だけを頼りに投資をしていくと、ゆっくりと資金を失っていき、やがてすべての資産が無くなってしまうのです。

こうしたことから、バイナリーオプションでは、二つの事を心掛けなくては利益を出すことはできません。

まず一つ目は、勝率を上げる事。バイナリーオプションで利益を上げるために必要な勝率は、およそ60%といわれていますので、そこを目指す必要があります。
二つ目は、「利大損小」を心がける事。相場を見極めて利益が出そうなときは投資資金を増やして、大きな配当を受け取るようにし、利益が出るかどうか怪しい相場の場合には、投資資金を減らすか、投資を取りやめて様子見をするのです。
この二つを行うことで、バイナリーオプションでは利益を上げることができます。

このほかの方法としては、取引業者の設定によって損失を小さく抑えるという方法もあり、購入したチケットに対して「権利放棄」や「途中清算」という設定を設けている業者もありますので、こうしたものを使い積極的に損失を小さくしていってもいいでしょう。






sdf344

私は趣味がFXトレードで自宅で時間が空いたときは、大体FXをしています。トレード手法は、時間があるときはデイトレードで、あまり時間がないときはスキャルピングです。

デイトレードでは、通貨ペアはドル・円で1日に1~2回くらいのエントリーと決済をして、目標は30PIPSでロスカットは10PIPS位でやっています。短時間に何回も売買をするトレードがスキャルピングですが、スキャルピングでは1時間に10回くらいはトレードするので、エキサイティングで面白いですがすごく疲れます。